• GYM紹介
  • 入会案内
  • 施設案内
  • タイムテーブル
  • バーチャル体験入学
  • インストラクター
  • オリジナルグッズ
  • 会員紹介
  • 男子会員
  • 女子会員
  • けいおう整骨院
  • パーソナルトレーニング
  • Jr.レスリング教室
  • K.O.コラム
  • リンク
  • 代表小楠ブログ
  • トップチームの軌跡
  • マスコミ紹介
  • おぐす整骨院
  • 交通事故サポート会
TOPGYM紹介>タイムテーブル
各クラスでどんなことをしてるか見てみましょう。
元プロシューター、柔術全日本チャンピオンが親切、丁寧に指導します。
打撃&柔術入門者クラス、女性のみの女子クラスと全くの初心者でも大丈夫。とにかく行動あるのみ!
さあ私達と一緒に体験してみましょう!!
Jr.レスリング教室
 
打撃クラス
 
柔術クラス
 
女性新規入会者オリエンテ−ションコース
女子クラス
大切なのは「きついトレーニング」をしないことです。運動をすれば誰でもすぐにやせることが出来るわけではありません。まずは脂肪を燃やすことの出来る「体質改善のトレーニング」をしましょう!それにはゆっくりとした「チョッと物足りない」と感じるくらいがちょうどいいのです。

そこでただ漠然と身体を動かすのではなく、けいおう整骨院とタイアップしメデイカルチエックを行い各個人の身体状況をデーター化し、一人一人にあったトレーニングメニューを組んでいきます。そしてデーターを定期的に取りトレーニングの指標にしていきます。 こうしてあなたは「脂肪の付きにくい体質」を手に入れることが出来ます。 スポーツなんてまったくしたことないという方でも、準備運動の仕方から学べます。
パンチ&キック、レスリングや柔術の動きを取り入れて、Let'sエクササイズ!

【1】 みんなで円になって挨拶
練習は礼に始まります
【2】 ランニングで体を暖めた後はストレッチ!
【3】 ケガ防止のためにしっかりと
 
【4】 パンチの練習。
鏡でフォームをしっかり確認
【5】 すね当て、膝当て、パンチンググローブを付けて体を保護します。
【6】 パンチミットを思い切り殴って
ストレス解消!
 
【7】 練習したことをスパーリングで実践。
【8】 練習の最後は円陣を組んで挨拶。練習は礼に終わります。
【9】 最後はきちんと掃除をして終了。道場はいつも、清潔に!
 
Jr.レスリング教室
【1】 準備運動は大切です。まずはマット運動から。
【2】 次は頭を打たないように受け身の練習。
【3】 レスリングの基本はブリッジです。
 
【4】 スポーツチャンバラだってやります。
【5】 月に1回は体育館でクロストレーニング。
【6】 わんぱく相撲にも出場します。
 
【7】 最後はスパークリングで実践練習だ!
【8】 そしたらこんなにたくさん賞状がもらえました。
【9】 クリスマス会やバーベキュー大会も行います。
 
Jr.レスリング教室について
打撃クラス
【1】 さあ、まずはウオーミングアップから。コーチの動きにあわせて左右に動いてみましょう。
【2】 そう。「1,2、1,2」
【3】 次はキックの練習です。コーチの動きをよく見てまねしてみましょう。
 
【4】 キックミットです。「パーン」といい音が出ています。思い切り振り切りましょう。
【5】 次はパンチングミットです。肩の力を抜いて思い切り打ち抜こう。
【6】 右ストレート!
 
【7】 大丈夫!こんなちいさい子でも出来ます。
【8】 最後は実際にグローブ、防具を付けてやってみましょう。
【9】 今日はプロキックボクサーの中西さんが来て指導をしてくれました。ありがとうございました。
 
柔術クラス
【1】 さあテクニッククラスからはじめましょう。今日はバックをとったところからの攻め方をやりましょう。
【2】 今度はこんな技です。よく見て一緒にやってみましょう。
【3】 こうすれば出来ますよ。やってみましょう!
 
【4】 ほら、出来た!
【5】 腕十字固め。こんな技もあります。関節技を使えば体の大きな人も、もう動けません。
【6】 最後はスパーリングをして習った技を実際に試してみましょう。
 
【7】 そしたら大会でこんなにたくさんメダルをいただきました。GYM内マッチKO杯もあります。
【8】 柔術名物、昇級したときの帯たたき。うれしい悲鳴です。
【9】 大会で優勝して念願の青帯になりました。さらに精進しいきましょう。
 
女性新規入会者オリエンテ−ションコース
【1】 まずは基本の構えからです。シャドーボクシングです。
【2】 次はサンドバックです。グローブをつけましょう。
【3】 次はキックです。やっぱり物をたたくと楽しいですね。
 
【4】 防御の練習も大切です。対人練習もやります。
【5】 最後は当てない実戦練習(マススパー)をやりましょう。
【6】 クールダウン。ストレッチもしっかり指導しますよ。